コラム5. 管理会社に任せっきりは危険です。

大規模修繕工事の提案をさせて頂く際に良く聞くのは、「うちは管理会社に任せているから」という一言です。
確かに、日常から建物の管理をしているので、修繕履歴等は良くわかっていると思います。
同じように、管理組合の経理をしていますから、懐具合もよーく知っています。
いつ理事会があって、どのような話し合いが行われているかも知っています。
良く捉えれば、何でもわかってくれているので、安心してお任せ出来るということになりますが、悪く捉えるなら、何でも知っているので、金額も含め自分達の思うようにされてしまうということです。
入札の際、自社で工事をしないにしても、自社の息のかかった業者で施工を行おうとしますので、必然的に金額も高止まりになりがちです。
安心料といえば聞こえがいいですが、皆様の大切な資金になります。
少しでも金額を押さえて行かないと、将来、修繕費を値上げが必要ですといきなり管理会社にいわれるかもしれません。
ただ目の前の工事のことだけではなく、皆様の生活に係ることと捉え、主体的に動かれることをお勧めします。





Copyrights(C) THREE V AMENITY CO., LTD All Rights Reserved.