BLOG

大田区某工事現場 シーリング打替え工事 -2016年12月15日-

大田区の大森駅付近にある、10階建て某マンション改修工事の進捗情報です。

①.jpg

現在は、シーリング打替え工事を行っています。

下の写真は、サッシ廻りのシーリングを充填しているところです。

②.jpg  ③.jpg

シーリングの打替え工事は、既存の劣化したシーリングを全て撤去して、

新たにシーリングを充填する工事です。

 

シーリング材は、温度や湿度の変化に対応し、建物の動きに追従するような弾力性

をもった材料ですが、永久に防水機能が機能するわけではありません。

シーリングが劣化すると、雨水が建物に侵入し、そのままにしておくと建物自体に

影響が出る可能性もあります。

 

当社では、3種類を施工する場所によって使い分けています。

①    ポリウレタン系...特徴:塗料が塗れる。硬化後の弾力性が強い。

              紫外線には弱いという面もあります。

②    変成シリコン系...特徴:弾力性が強く伸縮性に富む。

              ガラス廻りには、使用できません。

③    ポリサルファイド系...特徴:石面・タイル面に使用されます。塗料は塗れません。

                ゴミやほこりがつきにくい。

シーリング材にはいくつか種類がありますが、適した場所に適したものを使用することで、

コストを抑えることにも繋がります。

 

次の作業に入りましたら、引き続きこの現場の報告をしたいと思います。

 

業務課 平野

« 前の記事に |  記事一覧  |  次の記事に »





Copyrights(C) THREE V AMENITY CO., LTD All Rights Reserved.